September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

長三和音と増三和音の予備練習(バスティン・大人のピアノ教本 BOOK2より)



まぁ、予備練習ですよ予備練習。

ついに、ぽけっと先生が貴族に御成りあそばした。
新しいレッスン室! 広い! グランドピアノ2台!
オスカルだって自部屋に1台しかピアノなかったですよ!
ということは「ぽけっと先生>オスカル」という図式になる!(バーンッ!)
もうすぐポリニャック夫人になる予定だそうです( ;∀;)


へんてこりんタイトルの続き。

へんてこりんタイトル、もしかしたら皆さんの中で、
ベートーヴェンの「無くした小銭への怒り」を思いついた方もいらっしゃるかも。
でも、あれは彼自身が名付けたわけじゃないんですよね。
「俺の尻をなめろ」と「犬のためのぶよぶよした前奏曲」は、
間違いなく作曲者自身のものです。
サティはタイトルが面白いですよね。「干からびた胎児」とか(笑)

続く!

ミッドナイトエクスプレス(バスティン・大人のピアノ教本 BOOK2より)



「ミッドナイトエクスプレス」って、
そんなタイトルのラジオ番組ありませんでしたっけ?
調べよう・・・ちーん・・・映画があるらしい。
>タイトルの「深夜特急」とは、「脱獄」を意味する隠語である。
じゃあこの曲は脱獄超特急ということなのね!( ;∀;)

前回の続き。

おふざけが過ぎるタイトルってあるじゃないですか。
私の知る限り、モーツァルトの「俺の尻をなめろ」と、
サティの「犬のためのぶよぶよした前奏曲」が素晴らしい。

サティの場合、「犬のための・・・」が完成したとき、
「これは傑作だ!」と、意気揚々と楽譜出版社に持ち込んだら、
「タイトルふざけすぎ!」と言われて却下された逸話が残っています。

しかし、大作曲家となったサティが遺したふざけたタイトルも、
(サティ自身は全くふざけていない、と思いますが)
こうして出版され、広く世の中に知られていくのでありました。

(続く)

トルコ風ロンド(バスティン・大人のピアノ教本 BOOK2より)



タイトルは「トルコ風ロンド」ですが、ようはトルコ行進曲です。
原題は"Rondo Alla Turca"・・・トルコ風ロンド、まぁそのまんまですよね。
ちなみにバスティン版であり、奏者もヨワヨワなので、聴くに堪えません( ノД`)
というかホント鍵盤が重くてうまく弾けないよ。言い訳だけどね。

では、帰ってきたシューマンの話。

まおう「シューマン よ!
    きょうから きさまは シューマイ じゃ!
    ふぁーっふぁっふぁっふぁ!!!」

シューマイは のろわれてしまった!

・・・シューマンの代表曲のひとつに、

「ダヴィッド同盟舞曲集」

・・・こちら、があります。
タイトルかっこよくないっすか?
どんな同盟なんだろう?とワクワクしませんか?
でもね、もし私に作曲の才能があったら、
絶対こんなタイトルの曲を書くよ。

「おっぱい同盟舞曲集」

(続く)

ホ長調音階のエチュード(バスティン・大人のピアノ教本 BOOK2より)



この前200行ったと思ったら、もう215なのか。
在庫パワーのおかげで、案外あっという間ですね。
短い曲です。ホ長調の音階の練習です。そのまんまです。

さて、俺的「宝塚版・るろうに剣心」の感想を3つ。
1:月城かなとさんはFF8のスコールですか?
2:ガトリング銃をぶっぱなす彩凪翔さんはFF8のキスティスですか?
3:デュエットダンスのBGMはアンリミテッドサガのバトル1・バトル4ですか?
以上、スクウェアファンは見て損なし!(゚∀゚)

いや、面白かったわ。
ホントに思うんですけど、自分ってピアノにも宝塚にも一生懸命だなぁって。
過去にもドラクエやファイナルファンタジーを一生懸命やって、
向かう対象は移り変わったけど現在も頑張ってるわ。

「色々な世界を見たい、知りたい、頑張りたい!」と思う、桜散る春です。

ホ長調の和音とエチュード(バスティン・大人のピアノ教本 BOOK2より)



3月は頑張りすぎたので、これからは無理しないよ!|д゚)

昨日は、意中の、いや意中だった・・・Uさんに会いに行きました。
こんな私にも微笑んでくれるUさんに感謝です。
今後も、数か月に1度会えるくらいの頻度で、お顔を拝見したいです。
また会う日まで。どうかお元気で!

明日は、宝塚版「るろうに剣心」を見に行きますよ。
ゆうみちゃぁぁん(*´з`)
Uさんっていうのはつまり「Uみちゃぁぁん(*´з`)」ってこと・・・
ではないけども、ゆうみちゃんこと咲妃みゆちゃんは、
こころの元気+でも名前をわざわざ挙げたくらいお気に入りのジェンヌさん。

るろうに剣心、ジャンプ読んでたけどあまり記憶にない( ;∀;)
なので、先入観無く芝居を見ることができます。楽しみです!

ヘ長調のエチュード(バスティン・大人のピアノ教本 BOOK2より)



この曲、ツェルニーって書いてあるね楽譜に。
初めてじゃないかしらツェルニーって。


最近、シューマンの「勇敢な騎士」という曲を練習中です。
シューマンと不肖私は同じ病気を持っているということで、
勝手に親近感を持っていますが、私もライン川に身投げするんだろうか?
・・・さておき、
この曲を練習しているとき、
なぜかベルサイユのばらのベルナールが頭をよぎるのです。
「好きになっても いいか・・・?」
なぜだろうと思ったら、あぁ、彼は「黒い騎士」だったね。
やってることは石川五右衛門だけどね。

最近、「宝塚男子」とか「ベルばら男子」とか、
あるいは「ヅカメン」とか「ばらメン」とかなんでもいいんですが、
キャンペーンを打ったら面白いだろうなぁと思う。

(続く)

白鳥のワルツ(バスティン・大人のピアノ教本 BOOK2より)



これも綺麗な曲だね。
演奏ではなく曲がです。
バスティン先生、素晴らしいです。

ショスタコーヴィチの続きですが、
先日コメント欄で、ピアノソナタの1番を聴いてくださった方がいたので、
ここでそのピアノソナタ第1番を聴いてみることにしましょう。
動画を貼りたいけどこれ以上重くなるのは嫌なので、こちらをクリック

ショパンコンクールの時に応援しまくった中川真耶加ちゃんの演奏です。
もうね、カワイイおんにゃにょこがショスタコを弾くという俺の浪漫!
そんなこと言ってっからモテないんだけどそんなことはわかっている。

ショスタコって、「ジョジョの奇妙な冒険」に通ずるものがあると思う。
ショスタコが好きならジョジョも好きになれるし、
ジョジョが好きならショスタコも好きになれるし、という代物です。
「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーーーー!!!」
いやだって、ショスタコーヴィチってそういう曲を書くし|д゚)

第2転回形のエチュード(バスティン・大人のピアノ教本 BOOK2より)



3月も半分が過ぎました。
毎日こうして動画をアップっぷしてるけど、
まだまだ在庫の山が・・・

さて、ちょっとショスタコーヴィチのお話をしようと思ったんだけど、
またにしていいっすか?

月組トップスターに珠城りょう就任ってマジですか?
正直早すぎるよ、もっと大切に育てて鍛えてからの方がいいよマジで。
と思うけど、それなりの理由があるのだろう。
組織人として、理由なくトップになるなんて有り得ませんからね。

当ブログはバスティンとゲーム音楽と宝塚も応援しています。
あと最近は琴奨菊も応援しています(笑)目指せ横綱!
ついでに安美錦と豊ノ島も好きですね。
隠れ相撲ファンだけど、ブログとは全く無関係ですね|д゚)

アイルランドの洗濯女(バスティン・大人のピアノ教本 BOOK2より)



アイルランドで洗濯している女の子はカワイイんですかね。
ぜひお会いしたいです。

毎日更新してるとネタが尽きてくるよね。
そろそろここに書くこともなくなってきました。
何か「こんなこと書いてほしい」っていうのあったら教えてください。
宝塚についてとか、最近のニュースについてとか、
ショスタコーヴィチについてとか、お勧めのクラシック曲があったら教えてとか、
なんでもいいです。

ちなみにショスタコは13番、12番、10番あたりが好きです。
14番、15番は狂っていて気持ち悪いです。
無難に5番が有名なので始めはそれを聴くことをお勧めします。
ピアノ協奏曲はジャズ研究会パワーが活かされた名曲です。
ヴァイオリン協奏曲はヴァイオリン協奏曲史上最も大好きです名曲です。

まぁどれも名曲喫茶のお店とかには流れないであろうドロドロものだけど(笑)

ホ長調の音階と和音(バスティン・大人のピアノ教本 BOOK2より)



ホ長調、#4つですが、
黒鍵が多くなるとピアノが弾きやすいっていうのは、
どうやら本当のような気がする。
新たな黒鍵・・・じゃない、白鍵・・・じゃない、発見でございます。
(ややこしいボケでした)

亡くなったキース・エマーソンの続きです。
イギリスのプログレッシブバンド「エマーソン・レイク&パーマー」のタルカス
ファイナルファンタジー6「妖星乱舞」の第4楽章の元ネタ、との噂があります。
確かに似てるんだわ冒頭のクレッシェンドからそのあとのハモンドオルガンも。
「妖星乱舞」の作曲者、植松伸夫さんもプログレッシブロック&キースが大好きで、
こんな対談もあります

この話をするためにキースが亡くなったお話をしました。
当ブログはバスティンとゲーム音楽を応援しています(笑)
<<back|<123456>|next>>
pagetop