November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「バスティン・ピアノ名曲集第1巻」・全曲リスト

[見方↓]

 

この教本の〇曲目:動画作成番号:[Youtube動画のページ] (ページ数) ■タイトル

 


 

「バスティン・ピアノ名曲集第1巻」・全曲リスト

 

01:0229:[Youtube] (P.02) ■バッハ「ト短調のメヌエット」

02:0228:[Youtube] (P.04) ■バッハ「ト長調のメヌエット」

03:0239:[Youtube] (P.06) ■バッハ「ト長調のメヌエット」

04:0242:[Youtube] (P.08) ■バッハ「ニ長調のマーチ」

05:0237:[Youtube] (P.10) ■スピンドラー「ソナチネ(タランテラと)」第1楽章

06:0238:[Youtube] (P.12) ■スピンドラー「ソナチネ(タランテラと)」第2楽章

07:0240:[Youtube] (P.14) ■モーツァルト「ヘ長調のメヌエット」

08:0234:[Youtube] (P.15) ■ベートーヴェン「ト長調のエコセーズ」

09:0243:[Youtube] (P.16) ■ベートーヴェン「ト長調のソナチネ」第1楽章

10:0244:[Youtube] (P.18) ■ベートーヴェン「ト長調のソナチネ」第2楽章

11:0247:[Youtube] (P.20) ■シューマン「楽しき農夫」

12:0233:[Youtube] (P.22) ■シューマン「勇敢な騎士」

13:0245:[Youtube] (P.24) ■シューマン「兵隊の更新」

14:0230:[Youtube] (P.25) ■カバレフスキー「ダンス」

15:0235:[Youtube] (P.26) ■カバレフスキー「早い行進」

16:0241:[Youtube] (P.27) ■カバレフスキー「小さな歌」

17:0231:[Youtube] (P.28) ■ショスタコーヴィチ「マーチ」

18:0236:[Youtube] (P.30) ■バルトーク「冬の物語」

19:0232:[Youtube] (P.31) ■バルトーク「さびしい旅人」

20:0246:[Youtube] (P.32) ■カバレフスキー「ワルツ」

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

シューマン作曲「楽しい農夫 Op.68-10」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

シューマイキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

シューマイじゃなかった、チューマンだった。

あ、チューマンじゃなくてツューマソでもなくシューマンです。

ややこしいね(゚∀゚)

 

ピアノ初心者の、わりと多くの方が通る道だと思いますこの曲。

多くの電子ピアノのデモ曲なんかにも入っているようです(うちにも入ってます)

ただ、↑はバスティン版なので、デモ曲とはだいぶ雰囲気違う気がしますが、

弾けたということにしましょう!お疲れさまでした!

 

やった、これで「バスティン・ピアノ名曲集第1巻」全曲制覇です!

12月の目標はこれで果たせた・・・ボクもう疲れたよパトリック・・・(´Д`)

あとはルーベンスの絵を見ながら昇天したいと思います、が、

明日は「ベートーヴェン全交響曲連続演奏会」です!

昼の12時から夜の24時まで上野の東京文化会館にカンヅメになってますので、

見かけたら声を掛けてくださいね、大丈夫です、私ひとりなので(笑)

 

明日またブログで最後のご挨拶をさせて下さい(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

カバレフスキー作曲「ワルツ Op.39-13」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

【お詫び】

昨日、ブログのお友達の方々にコメントを残しましたが、

当方の手違いで、関係のない文章が入っていた可能性があります。

当事者、関係者の方々に深くお詫びいたします。

申し訳ございませんでした。

 

・・・疲れているだけなのです( ;∀;)

 

 

というわけでカバちゃんです。

このバスティン・ピアノ名曲集第1巻、今まで挙げてきたように、

色々な作曲家が名を連ねていますが、

バッハと並んで4曲も入ってます、カバちゃん。

(いえ、正確には大バッハではなくペッツォルトだったりC.P.E.バッハなのですが)

それだけ重要な作曲家であるというバスティン先生の計らいだと思うのです。

 

私はカバちゃんのことはそれほど多くは存じませんが、

とても好きになりました。

巻を重ねていくと、ソナチネとかが登場する予定なので、

今から出会えることを楽しみにしています。

 

 

さて、ここ1か月、怒涛の更新を繰り広げてきた当ブログ、

次回の1曲で、バスティン・ピアノ名曲集第1巻の最終回です。

聴いてくださった方々、今までありがとうございました!

その後はしばらく休みたいです、身体を壊しては意味がありません(笑)

 

あ、でも1月2日までは営業しますのでよろしくお願いします!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

シューマン作曲「兵隊の行進 Op.68-2」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

チューマンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

「子供のためのアルバム」からの1曲です。

「子供の情景」ではないよ、あれは子供向けに書かれた曲ではないからね。

 

というわけでお疲れさま!

柏原奈穂さんも私も、発表会に参加された方も、コンサートの観客の皆さんも、

クリスマスだというのに、クリスマスだから? みんな元気よね!

 

昨日の発表会、たぶん動画撮れてると思います。

たぶん、というのは、まだパソコンに取り込んでいないから、

ということで、前もって宣言します。

 

シンフォニーサロン発表会の模様、

来年1月2日にアップします!

2000年製ニューヨークスタインウェイと、

1940年製ベヒシュタインの弾き比べ・・・の結果スタインウェイを弾きました。

お楽しみに!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ベートーヴェン作曲「ト長調のソナチネ(第5番)第2楽章 Anh.5-1」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

毎回このブログでご紹介する前にパソコンで聴いてみるのですが、

この曲はこんなにゆっくり弾く曲ではないよねたぶん。

まぁ、でもいい曲ですよ、好きですよこの曲。ロマンス。

 

 

さて、ドラゴンクエスト4コンサート、行ってまいりました。

感想は後々に書くことにします。

といって、エリーゼコンクールの小原孝先生のナマ弾き語りフォーユーの話とか、

先日のピアノ弾き合い会という名の女子会の話も全然してないので、

いっぱいお話ししたいなぁって思っています。

しかし冬休みがない職場(土日祝のお休みは頂けます)なので、

なかなかゆっくりもできないのがツラいところです。

 

え?今日はクリスマスイブですって?

サイレェンナァイ〜 ウェウッェイアァ〜 ホアアーッ!

ですよね( ;∀;)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ベートーヴェン作曲「ト長調のソナチネ(第5番)第1楽章 Anh.5-1」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

この曲も頑張って弾いたよ!

装飾音がどうしても上手に弾けなくて気合で乗り切ってるよ!

あ、Youtubeに「上手に弾けてますね」ってコメントくださった方、

この場をお借りしてどうもありがとうございました(^^♪

 

 

さて、今日はドラゴンクエスト4のコンサートですよ!

渋谷です・・・メチャ遠いじゃないか・・・

仕事を終わって電車乗って上京してドラクエ4を聴いて千葉に帰る。

明日は明日でタカラヅカスペシャルのライブビューイングを観に、

六本木ヒルズの映画館に行くし、大竹氏は豪遊してるのだろうか?

 

頑張って働かないと( ;∀;)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

バッハ作曲「ニ長調のマーチ BWV Anh.122」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

この曲は中世のロックだと思います!(`・ω・´)

ちなみにこの曲、バッハ作曲と書きましたが、

ヨハン・セバスティアン・バッハではなくカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ

・・・・ぜぇぜぇ・・・・の作曲だそうです(´Д`)

 

この曲、頑張って弾きました、ぜひ聴いてあげてくだしあ!

 

 

さて、ドラゴンクエストと新日本フィルを愛するすべての方々に送る、

とっておきマル秘情報!

 

来年のバレンタインの日、2月14日ですが、

すみだトリフォニーホールで「ドラゴンクエストVIII」のコンサートが開かれます!

詳しくは → こちら

オンラインチケットは今日が先行発売日ですよ!

え?私ですか?買ってない・・・VIIIってプレイしたことなくて・・・(´・ω・`)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

カバレフスキー作曲「小さな歌 Op.27-2」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

この曲、なんか変わってるというか不思議というか、

ドラクエの「ほこら」あたりで流れてそう、

というイメージを持つ私はやっぱりヘンかもしれない(゚∀゚)

 

ピアノ愛好者ならピーンときたと思いますが、

このカバちゃんの曲、Op.27-2なんですね。

ピアノ曲でOp.27-2となると、

ベートーヴェンかショパンかってことになりますよね。

 

ベートーヴェン

ショパン

 

作品番号を覚えるくらい、記憶力はいい方だと思うのよ。

ただキチガイなので、嫌な記憶を延々と覚えることになるので、

いいのか悪いのかわからない。もはや病気を通り越して障害者です。

 

障害者でも、いや、障害者だからこそ、私は皆さんとの思い出は忘れません。

皆さんもどうか私のこと忘れないでくださいね( ;∀;)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

モーツァルト作曲「ヘ長調のメヌエット K.2」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

「大竹さん、最近どんな作曲家を練習しているんですか?」

「うーん、モーツァルトかな」

 

かっこいいいいいいいいいいいいいいい!!!

オレ超かっこいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!

 

K.2ってことは、まぁケッヘルさんが2って言ってるだけだけど、

モーツァルトが2番目に書いた曲ってことになりますね。

ネットの情報によると、6歳の時の作曲だそうで、

それを30代も半ばを迎えたおっさんがヒーコラ言って弾いている、

なにこの罰ゲーム・・・。

 

 

来年2月のステップ、申し込もうと思ったら締め切られてた( ノД`)

ステーション代表のわが師、ぽけっと先生の計らいで、

関係者枠で出られる予定です。関係者っていい響きよね。

 

ドラクエまであと2か月!(; ・`д・´)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

バッハ作曲「ト長調のメヌエット BWV Anh.116」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

この曲、バッハ作曲と書いてありますが、

これはただ楽譜にそう書いてあったため指示に従ったのですが、

このAnh.116は、正確には「作曲者不詳」だそうです。

わからないよ、後世では実はペッツォルトだったとかスカルラッティだったとか、

ありえない展開になるかもしれませんが、ここでは「バッハ作曲」とします。

 

実は、来年1月からツェルニー30番に入ろうともくろんでいるのですが、

その前にドラゴンクエストを終わらせておきたい。

 

30日まで働いて、31日はベートーヴェン全交響曲連続演奏会、

1日はウィーンフィルニューイヤーコンサート、2日はぐったり、

3日からまた働きますよ!

 

もっとお休みくだしあ( ノД`)シクシク

ピアノ弾きたいんですぅ!(*´з`)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

スピンドラー作曲「ソナチネ(タランテラと)第2楽章 Op.157-1」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

毒蜘蛛のタランテラです。

聴くに耐えぬがっかりな演奏なので、毒が回らないように注意してくだしあ!

あ、1週間に3曲アップロードしなければならぬので、

今日は日曜日だけど土曜日ってことにしてアップします。

 

最近、欲をどうやって少なくしていくか、と模索しています。

あれ欲しい、これやりたい、もちろんそれもいいんですけど、

病気を持ってる私にはできることも限られるので、

今ある資源の中でいかに人生を謳歌していくか、ということを課題にしています。

 

お金の掛けない、堅実な生き方なら自信あるよ!

そんな堅実で真面目な男性は好かれないのでしょうね( ;∀;)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

スピンドラー作曲「ソナチネ(タランテラと)第1楽章 Op.157-1」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

スピンドラーっていう人、初めて名前を聴いたんですけど、何者ですか?

調べよう・・・ちーん

この人だと思う

フリッツ・クライスラーじゃなくてフリッツ・スピンドラーなのね。

クライスラーほど名前を残せなかったかわいそうな人なのね( ノД`)シクシク…

あ、第1楽章を弾いたので、次は第2楽章です!

 

ところでタイトル、「ソナチネ(タランテラと)」って書いてあったので、

そのまま載せましたが、なんか間抜けですよね(タランテラと)←ってところが。

タランテラっていうのは、たぶん毒蜘蛛の仲間だと思います(゚∀゚)

第2楽章がタランテラらしいです。つまり第2楽章を聴くと死ぬらしい・・・こわっ

 

私はもう毎日が死んでいるので、今さら死のうが何しようが変わらないのです。

でも、自分が死んでも、皆さんの心の中で生き続けられるといいなぁ(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

バルトーク作曲「冬の物語 Sz.42-3」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

冬だね。

冬の物語だね。

バルさん。

 

この動画は失敗作だよなぁ、曲は冬っぽいけど演奏が冬っぽくない。

アンダンテの指示なのに、なんでこんなに快活に弾いているんだろうか。

この曲、先日のピアノ弾き合い会でも弾いたのですが、

あの時は冬っぽい演奏で良かったなぁと思えます。

動画のような失敗があったから、改善を加えることができてよかったです。

・・・と、強がっておきます( ゚Д゚)

 

 

最近、ペットのワンちゃんと寝んねしています。

犬はちゃんと飼い主の心を見てくれているのだと信じて、

マリア・ジョアン・ピリスのショパン・ノクターン全集を聴きながら寝んね・・・

 

ハッピーなことが降り注ぎますように☆彡

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

カバレフスキー作曲「早い行進 Op.39-10」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

カバちゃん復活!

すごくどうでもいいけど、オーケストラのコンサートの、

アンコールで演奏されるマスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲」を

「カヴァちゃん」と呼んでいるのは私だけではあるまい?( ゚Д゚)

 

あと、もうひとつどうでもいいことだけど、

この曲「早い行進」っていう表記、行進のスピードのことを言ってると思うので、

「早い」でなく「速い」だと思うんですけど、東音企画さまいかがでしょう?(゚∀゚)

 

あ、これは大切なこと。

マ・メール・ロワの管弦楽版は、「組曲版」と「バレエ音楽版」の2種類があって、

N響定期で演奏されたのはバレエ音楽版で、

↓に張り付けてある動画は組曲版でした、たいへん紛らわしいですね。

バレエ音楽版の方が曲目が追加されていたりしてお得なので、

おととい聴けた方はハッピーだと思います。

近々、テレビでも放送されると思うので、ますます楽しみです(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ベートーヴェン「ト長調のエコセーズ WoO.23」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

いやね、1週間に2曲のペースでアップロードしないと、

年を越しちゃうんですよね、ピアノほいほい。

あ、半袖ですが夏に撮ったものです!

 

WoOとは!

ドイツ語のWerk ohne Opuszahl(作品番号無しの作品)という意味である!

ババーン!

つまり、↑この曲は「作品番号をつけるに値しない価値のない作品」、

ということでよろしいんでしょうか?(´;ω;`)ウッ…

 

 

今日もこの後すみだトリフォニーホールへ。

すみだトリフォニーホールは超巨大なパイプオルガンを備えていますが、

ヘンデルのオルガン協奏曲を聴いてきます。

サンサーンスの3番くらいしか聴いたことなかったので、

また違った曲で、パイプオルガンを愉しんできたいと思います(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

シューマン作曲「勇敢な騎士 Op.68-8」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

ほら、今年中に第1巻全部アップロードするって約束したから。

とにかくパパっとアップしちゃえしちゃえ。

 

ところで、私が本名を使ってブログを運営している理由の一つに、

「ハンドルネームを考えるのが面倒くさかったから」

という、とんでもない理由がありますが、

今ならハンドルネーム思いついちゃったもんね。

 

↑この曲、シューマンの作曲なんですけど、

シューマンって"Schuman"って書くんですよ。

"S"を取りましょうか。"chuman"→"チューマン"。

どうですか、チューマンですよ、これは売れるハンドルネームだね!(゚∀゚)

いや、同じ病気を持つ者同士、シューマンには愛着のある大竹氏は、

これからは「チューマン」と名乗ることに・・・

 

しません(*´з`)チュー

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

バルトーク「さびしい旅人 Sz.42-7」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

カバレフスキーが「カバちゃん」なら、

バルトークは「バルさん」だな!・・・殺虫剤?(´Д`)

あるいは「バルたん」・・・宇宙忍者?(´Д`)

あ、バルタン星人って、通称「宇宙忍者」ですからね!これ豆知識ですよ!

 

さておき、この曲、「Sz.42-7」って書いたけど、ちょっと自信ないですこれ。

もしかしたら番号が違うかもしれない・・・詳しい方、ぜひ教えてください。

「さびしい旅人」、まるで現世をさすらっている寂しい障害者、大竹氏のことだな!

 

 

書きたいこといっぱいあるのですが、体調がすぐれずにダラダラしています。

小原孝先生と語り合ったエリーゼ音楽祭の思い出もぜひ書きたいし、

先週のピアノ弾き合い会という名の女子会のことも書きたいし、

今日は新日本フィルの演奏会を聴きに、すみだトリフォニーホールまで行くし、

人生が充実しているとはこのことなのだろうか?

 

「健康な身体に生まれたかった」と何度も自分を呪っている毎日だけれど、

こうして周りの環境に感謝できる、それだけ私は恵まれているのでしょうね。

ありがたいことです(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ショスタコーヴィチ作曲「マーチ Op.69-1」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

最近、吐き気が凄いです。

かなりストレスにやられているのですが、

私の友人も食欲がなくて何も食べれないのに仕事しなきゃとか、

風邪なのかよくわからない症状が現れています。

インフルエンザが流行る時分、皆さまもご用心なさってくださいね。

 

 

↑の動画ナンバー、0231。相当マニアなクラシックファンは、

オネゲルのパシフィック231を思い出してくださ・・・てないですね。

 

あと、最近SNSで、ある高名なピアノ奏者・講師の方と繋がったのですが、

毎回私の記事に「いいね!」を押してくださって凄く嬉しい反面、

下ネタ満載の記事にも「いいね!」を押してくださって恐縮しています(笑)

いつもありがとうございます!(^^♪

でも、このブログに長らく来てる方々は、「大竹氏はエロい人じゃない」と、

わかってくださってると思うので、今後とも今まで通りやりますよ。

 

で、私の大好きなショスタコーヴィチですよ!

交響曲第13番が大好き!ヴァイオリン協奏曲第1番が大好き!カッコいいよ!

この曲もいいね、わけわからない(゚∀゚)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

カバレフスキー「ダンス op.39-9」(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

カバちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

カバレフスキーを「カバちゃん」って呼ぶの、私だけじゃないでしょ?

「カバちゃんといえば(らららクラシック司会者の)加羽沢美濃ちゃんだろ?」

というツッコミは理解できるけど、どうですかこのカバレフスキーの曲、

ついに大竹氏はカバレフスキーの原曲を攻略しましたよ!(´_ゝ`)

 

・・・なにこの曲・・・(*´Д`)

 

 

今日はこの後、エリーゼコンクールの本選を聴きに、

東京大手町の・・・大手町だっけ?日経ホールへ行きます。

小原孝先生が審査なさるとのことで、会場でお会いできないかしら!?と、

ちょっとドキドキしてるところ。私のこと覚えてくださっているかしら!?

 

参加される皆さまが、日ごろの成果を無事に発揮できますように!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

バッハ作曲「ト短調のメヌエットBWV Anh.115(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

動画、かなり頑張っているので、ブログをご愛顧くださってる方々に、

大竹氏ここまで上達したんだなぁと感心して頂ければ幸いです。

 

実は、本日スマホを購入しました。

生まれて初めてのスマホ!

OSはAndroid 6.0で、いま格闘している最中ですが、

無事に通話もメールもできてホッとしているところ。

"LINE"でしたっけ、あれやってみたいんですけど、

誰とやればいいんでしょうね(´・ω・)(・ω・`)ネー

 

スマホで「これやっとけ!」っていうのあったら教えてください。

あ、ウソ情報は送らないでね、

「これダウンロードしとけ」→「ウイルスに感染しました」的な(゚∀゚)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

バッハ作曲「ト長調のメヌエットBWV Anh.114(バスティン・ピアノ名曲集第1巻より)

 

昨日の記事、前にも似たようなこと書いたような気がするが気にしないでおこう。

というか、書き方が悪かった、デクレッシェンドはするけど、

ピアノを辞めることは絶対にありません。

昔のテレビゲームの曲を弾くために続けているわけで、

ドラクエのオフィシャル楽譜やファイナルファンタジーピアノコレクションなど、

弾いてみたい曲はわんさかあるわけで、大竹氏がんばっちゃいますよ!

デクレッシェンドしつつ・・・(笑)

 

というわけで、ようやく「バスティン・ピアノ名曲集第1巻」に入りました。

皆さんも聴いたことあると思います。

 

ちなみに、ドラクエ4「王宮のメヌエット」、バッハ「ト長調のメヌエット」、

というメヌエットつながりでした。ちゃんちゃん。(´Д`) 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

1
pagetop