September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「梅の会」に寄せて

 昨日(6/22)、お世話になっているピアノサークル「梅の会」主催のコンサートに行ってきました。「4組のアマチュアピアニストが、30分または1時間の持ち時間を使って、豊洲シビックセンターホールでリサイタル形式でコンサートを開く」という、アマチュアにとってこれ以上ない夢の舞台でした(ちなみに大竹氏も、8月10日(土)に10分の枠をいただいて、同じ場所でドラクエとFFを弾く予定ですが、詳細はまた後日に)。

 

 「アマチュアだから」「技術・表現が上手くないから」とか、そういう戯言(たわごと)は通用しない、流行りの言葉で言えば「ガチ」のコンサートでしたが、例えアマチュアでも、「お客様に喜んでいただきたい!」と想いが伝われば、皆が感動し、心を動かされ、「来てよかった(参加してよかった)、また来たい(参加したい)」と思える、素晴らしいコンサートでした。この場をお借りして、演奏者の方々、スタッフの方々、そして(ブログなので名前はここには書けませんが)、いつも素晴らしい采配でコンサートを成功に導く管理人さま、大変お疲れさまでした。

 

 皆さまの演奏を聴かせて頂き、自分と重ね合わせてみました。皆さま、仕事をし、家庭を持ち、中には子育てをしている方もいらっしゃいましたが、なかなかピアノを練習する時間が取れない中、少しずつでもコンサートに向けて練習を積み重ねていくそのお姿を、私も見習わなければ、と感じました。大竹氏は精神障害者なので、いつもベッドの上でのたうちまわっていて、認知症の母と重度知的障害者の妹の看病をしなければならない、正直言ってピアノを練習する自分がツラい(それもあってアップライトを処分しました)環境にありますが、「なんと自分は甘えていたのだろう、時間がないのは、あるいはツラいのは私だけではなくみんなそうではないか」と、ハッと目が覚めた思いがしました。

 

 ただ、(特に私のような精神障害者に向けて)これだけは書きたいです。「あの人はあんなに頑張っているのに、それに"比べて"私は・・・」と比較してしまうクセ、これは多分、健常者の方々にもいらっしゃると思います。でも、比較しても意味がないと思っています。人それぞれ、年齢も性別も、育ってきた環境も違う。置かれている場所も違う。だから、「今の自分にできることは何だろう、どうしたらできるだろう」と考えて、少しずつ実行していくことが重要なのだと思います。大竹氏はそう考え、今の自分にできる、そして夢と誇りと希望を持ってファイナンシャルプランナーを目指して勉強を重ね、先日のCFP試験の結果が上々だったことは、先週お伝えした通りです。

 

 「梅の会」の凄さは、ただ「音楽」について考える会ではなく、こうして人生についても考える機会を与えてくださる、気づきを与えてくださるところにあるのだ思います。流行りの本のタイトルで言えば「君たちはどう生きるか」という気づきです。幸い、大竹氏は「こう生きたい!」という道筋は見えていて、あとは努力して道筋に沿って生きていきますが、たまに道から外れるときがあっても、あるいは違う道に進むことになっても、「梅の会」のコンサートで思考を巡らせた上記の答えを忘れずに、今後も生きていこうと思います。管理人さま、お世話になりました。再来週もお会いすることになりますね。どうぞよろしくお願い致します。

 

「おまけ」

 

IMG_20190623_010558.jpg

 

 写真が大きくて恐縮ですが、昨日のコンサートで、ある女性から「ありがとう」の印として、チョコレートをいただきました。これから封を開け、賞味したいと存じます。ありがとうございました。そしてその上・・・(笑)これは梅の会とは全く何も関係がないのですが、相撲ファンの友人の女性から、「大竹さんって安美錦(あみにしき)が好きなんですよね」って言われて、おととい頂きましたマグネットです。こちらも合わせて、ありがとうございました。大切に使わせていただきます。

 

 おしまい!(^^♪

 

(え?記事がマジメすぎる?大竹氏はいつもマジメです!!!w)

"Eriko Akiya X'mas Live"に行ってきました!

 きっと君は来ない〜独りきりのクリスマスイブ・・・・サイレェェェンナァァァァイ・・・と毎年のようにこのブログで言ってきたんですが、いや、誰かと一緒に行ったわけではなく独りで行ってきたんですけどね、楽しかったのでAll OK!です(^^♪

 

 先日もセミナーでお会いしましたが、エリーゼコンクール本選の審査員で、日ごろからお世話になりっぱなしの、秋谷えりこ先生のクリスマスライブに行ってきました!

 

 今回は写真メイン!

 

IMG_20181224_164052.jpg

 

↑中目黒にある「楽屋(らくや)」というジャズハウス兼お料理屋さん?こういうのなんていうの?まぁそういうお店です!

 

 

IMG_20181224_172942.jpg

 

↑写真じゃわかりにくいけどキラキラ光ってて綺麗でした!

 

 

IMG_20181224_180314.jpg

 

↑ドラムス。一度思いっきり叩いてみたいなぁとぞ思ふ。

 

 

IMG_20181224_180343.jpg

 

↑ピアノ。マイクもきちんとスタンバイされていますね。

 

 

IMG_20181224_183329_BURST001_COVER.jpg

 

↑ちょっと待って写真が逆じゃね?決して酔っぱらってるわけじゃないのよ?( ;∀;) このソーセージ、スパイサー・・・じゃなかったスパイシーで辛かった。美味しかったけどね!

 

 

IMG_20181224_203834.jpg

 

↑第1部終了後にツーショット。

 

IMG_20181224_222414.jpg

 

↑終演後にピアノの前でしつこくツーショット!ヾ(≧▽≦)ノ

 

-------------

 

 大竹氏、ジャズのライブってほとんど経験がないので少し緊張していたんですが(独りだったしね)、始まってしまえばそんなものは忘れて、楽しむことができました。かくかくしかじかで私も秋谷先生のCDを持っていますが、CDから私の大好きな2曲、他にも、「マスカレイド」や「ルート66」など、私でも知っている名曲中の名曲が演奏されて楽しかった!

 

 本当は一緒に行きたかった人がいたのだけれど、お仕事だそうで(/・ω・)/ ここ、見てくれていますか? 来年はご一緒出来たらいいなぁ、と心に念じながら帰宅したのでした。

 

 ・・・なんとか終電に間に合って、寝たのが夜中1時過ぎでした(-_-) 翌日25日は完全にくたばってしまって1日中オフ、今日はCFPのお勉強、金融資産運用設計をメチャ頑張ったよ。これは合格するね!(`・ω・´)おっと関係ない話でした。

 

 秋谷先生には年賀状を書きました。元日に届くはず!楽しみになさってくださいね(^^♪ そして、来年も、その先もずーっと、ご縁が続きますように!

 

 

おしまい!ヾ(≧▽≦)ノ

コンサート&セミナー・3連発!

 最近足を運んだコンサートやセミナーから、楽しかったものを3つご紹介します。

 

 

 11月20日・・・フンメル・ピアノトリオコンサート

 

20171123_1611102.jpg

 

 これ去年の写真ですけど(^^; いつもお世話になっている、日本フンメル協会会長の岳本恭治先生のコンサートに行ってきました。全7曲現存しているフンメルのピアノトリオを、2年間かけて完奏するというコンサートの最終回でした。去年も書いたかもしれないけど、皆さん「フンメル」ってご存知ですか?ベートーヴェンのライバルだった人ですよ。ちなみにこれ豆知識ですけど、「フランツ・リストは、はじめフンメルにピアノを習いたいと思っていたけれど、レッスン代が高かったので、仕方なくチェルニーに師事した」んですってよww

 

 12月12日・・・アクティブ・ブレイン・セミナーのフォロー会

 

0.jpg

 

 さすがスマホ、写真がデカい・・・右は、独立系のCFP・ファイナンシャルプランニング技能士1級の大先輩、そして「アクティブ・ブレイン・セミナー」の講師をされている、菱田雅生先生です。写真の黄色い本は先生が書いたものです。「アクティブ・ブレイン・セミナーってなによ?怪しい宗教ですか?」はいそうです・・・というわけではもちろんなく、ご興味がある方は先生のリンクから辿っていってみてください。私は「あ、面白いなー」と思って仲間に入れて頂いています。それにしても先生、私より身長が高いんだから・・・(笑)

 

 12月14日・・・秋谷えりこ先生の、新作図書出版セミナー

 

48414429_671237796605759_6418489033692807168_n.jpg

 

 お、いきなりラフな格好になりましたね私。貧乏なので着る服がないんです( ;∀;) いつもお世話になっている、エリーゼコンクール本選の審査員でもある秋谷えりこ先生のセミナーに行ってきました。私のようなクラシック超初心者がコードを理解し、3和音、4和音をマスターし、テンションコードも理解できるようになるという画期的なセミナーでした!私は復習しないとわからないけれど、まだ慣れていないだけ!弟子が上達することが、恩師への最高のご恩返しですからね、ゆっくり着実に成長していきたいなぁって思っています!(^^♪

 

 今年もあと半月、あっという間ですね。

 近いうちに今年を総括しましょう!(^^)/

明日は「銀座de梅の会」!

https://www.facebook.com/events/1871190119857983/

 

 公式Facebookからの情報です。明日、銀座のYAMAHAホール(エリーゼコンクールの本選会場)で、アマチュアによるアマチュアのためのコンサートがあります。私も行く予定です。YAMAHAなのでピアノや楽譜も売ってたりしますが、その建物内にあるホールでのコンサートです。

 

 もっと詳しく書きたいですが、詳細は公式Facebookページに譲るとして、大竹氏はこれから病院へ行かなければならぬ。遠いんだこれが( ;∀;)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ファミリークラシックコンサート「ドラゴンクエストの世界」!!!

のチケットが!

たった今!

取れた!

はず・・・

 

 なんか知らんけど、転売目的防止のせいもあるのか仕様が変わってて、"Cloakシステム"というものになっててよくわからん状態で購入したので((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしています。発券は明日以降って書いてあるので、Cloakで「セブンイレブンで発券します!」って意思表示をすれば貰えるんだろうか?こうしてネットって世界はどんどんややこしくなっていくのね・・・ファミコンは良いよファミコンは。十字ボタンAボタンBボタンと、スタート・セレクトボタンですべてが広がる世界ですからね(^◇^)

 

 いま調べたらチケットはもう完売だそうで、俺ラッキーです。すぎやまこういち先生を拝見するのは何年ぶりになるだろう。また東京芸術劇場のトイレで、ドラクエ原作者の堀井雄二さんとバッタリ連れションすることもあるだろうか?(あの時はマジでビビった)

 

 また新たな冒険の旅へ、池袋まで行ってきます!(`・ω・´)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

あなたは「ヨハン・ネポムーク・フンメル」なる作曲家をご存知か?

 というわけで、コンサートから1か月以上経ってしまいましたが、「フンメル・ピアノ・トリオ・コンサート」の感想を書きたいと思います。が、その前に、皆さんは「フンメル」っていう作曲家をご存知ですか?私は名前だけしか知らず、どういう時代に生き、どういう曲を書いたのか、全く知りませんでした。というわけで、ここでご紹介させていただきたいので、プログラムより転載させていただきます。いいですよね、岳本恭治先生?(笑)

 

 ヨハン・ネポムーク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel・1778-1837)

 W.A.モーツァルトの数少ない内弟子の一人。現在のスロヴァキア出身の作曲家、ピアニスト。8歳でウィーンのモーツァルトの家に住込み2年間に渡りピアノを師事。1789年から父と共にヨーロッパ各地を巡演し、神童として喝采を浴びた。その後1804年、ハイドンの後任としてエステルハージ家宮廷楽長、1816年よりシュトゥットガルト、1819年よりワイマール宮廷の楽長を歴任する一方、作曲のみならず出版、演奏など活発な活動を展開してヨーロッパ最高の作曲家、ピアニストの一人に数えられ、ベートーヴェンと並び称される巨匠として音楽界に君臨した。シューベルト、メンデルスゾーン、チェルニー、ショパン、シューマン、リストらに影響を与えた。音楽市場の動向に敏感で、当時はまだ不十分だった著作権の確立のために奔走した。

 

 すげー!フンメルすげー!まずモーツァルトの内弟子だったことがスゲーでしょ、それにハイドンの後任としてエステルハージ家の宮廷楽長だったところなんて超スゲーでしょ、きっとお金に困らない人生を送ったのだろうよ、羨ましすぎます( ;∀;)

 

 ところで、↑の青字を読んでいて思ったんですけど、当時のベートーヴェンってどこまで売れっ子だったのか、私は自信がない・・・いやだって、オペラをヒットさせることが作曲家の地位を確立するという時代において、彼の唯一のオペラ「フィデリオ」は成功したとは言い難いし、そもそも当時、彼の一番のヒット作が「ウェリントンの勝利」だった(とされる)、という点も鑑みると、「実はロッシーニの方が凄くね?(当時の話ね)」と大竹氏は前々から思っていました( ゚Д゚)

 

 あ、話がそれてしまったけれど、その超売れっ子だったのかいまいち自信がない(しつこいけど当時の話ね)ベートーヴェンと並び称される巨匠として音楽会に君臨したフンメル大先生のピアノトリオ4曲を聴いてまいりました。これは美味しかった・・・所々モーツァルトっぽい感じしますね。でも、古典からロマンへの過渡期の真っ只中を生き抜いた人らしく、ロマンティシズム溢れるメロディーもちらほらと聴けました。特に、「協奏曲風大三重奏曲」の華やかさといったら!プログラムに書いてありますね、「ピアノ三重奏で演奏されるピアノ協奏曲である」と!(^^♪

 

 そんなわけで、ここで日本フンメル協会のホームページへのリンク(→こちら!)と、当日のピアノを担当された、日本フンメル協会会長の岳本恭治先生とのツーショット写真をパシャリ。

 

M1700052.JPG

 

 岳本先生、お疲れさまでした!

 

M1700051.JPG

 

 終演後の舞台。

 カワイ表参道「パウゼ」の内装です。

 オシャレなホール!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

本日は、Piano Circle Salonのサロン・コンサートです!

 ここは「大竹氏のリア充っぷり」を語るブログではなぁぁぁい!本当はお金も彼女もないんです、せめてお金持ちになったつもりに、美人の彼女ができたつもりになるブログでございます。だって私にとってクラシックってそんなもん(笑)ですもの。何もなくても音楽があれば、ね。

 

 今日は、Piano Circle Salonさま主催のコンサートの日です。

 ここで改めてプログラムを振り返ってみましょう。

 

プログラム(ブログ用).jpg

 

 はみ出してますが許してください。このショパン率の高さ!さすがピアノの詩人です。その中に混じってドラゴンクエストという強気?のプログラム。ちなみに、ある人に「選曲理由は?」と聞かれたのですが、「いやぁ、今年はドラゴンクエスト2発売30周年なので、記念として・・・」と答えるしかなかった(笑)先日の「ドラゴンクエスト・マーチ」にしても「王城」にしてもそうですが、たまたまレパートリーがドラクエ2に偏っただけなんですけどね。あとひとつ選曲理由があるとすれば、「洞窟&塔から通常戦&ラスボス戦そしてエンディングへ」という流れを意識したかったのです。そういうストーリーを、皆さまにも楽しんでいただければいいなぁと思いました。

 

 今日の東京(我が千葉も)は寒い!

 体調を崩さないで弾き切れますように!

 皆さま、よろしくお願いします!(^^♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

柏原奈穂さん主演:ドニゼッティ「愛の妙薬」を観に行く

というわけで観て参りました!

オペラいいねオペラ。

「酒と泪と男と女」の世界でした。

駆け足で振り返ります!

 

M1700035.JPG

 

↑左:軍人のベルコーレ。右:薬屋のドゥルカマーラ。

観客にお酒とジュースを振る舞っているところ。

カツラをかぶってる方の右手にワインが!

 

M1700039.JPG

 

↑左:「2番目に美人」のジャンネッタ。右:「地味」だけど男らしいネモリーノ。

生ハムを振る舞っているところ。

 

M1700043.JPG

 

↑ネモリーノがせっせと生ハムを切っているよ!

まさかオペラを聴きながら生ハム解体ショーを見られるとは!

 

M1700044.JPG

 

↑生ハムいただきました。

そんなにしょっぱくなくて美味しい!

 

M1700045.JPG

 

↑私はお酒は飲めない体質なので、トロピカルジュースを頂きました。

飲食自由、という奇妙な公演でした(;^ω^)

 

M1700048.JPG

 

↑ハートマークが1個多いぞ!!!(; ・`д・´)

 これが「心が汚い」と悩んでいる独身男性ですよ!!!

 なんだか髪の毛が薄くなっているような気がするのは気のせいか!?

 でも、柏原さんから「爽やかなオーラが漂っている」と言われ、

 爽やかな奈穂さんとツーショット出来て嬉しいのでした!(≧∇≦)

 

 物語的には、字幕が破天荒で凄かったりとか、演者がウサイン・ボルトやビリー隊長のモノマネをやってみたり(ベルコーレが軍人だから?)とか、他にも小ネタが散りばめられていそうなオペラでしたが、集約すると、奈穂さんとツーショット出来て嬉しい!ってことですね!(^^♪

 

 

 「愛の妙薬」の中でもひときわ有名な、

 ネモリーノのアリア「人知れぬ涙」。

 私も、流した涙の量だけは人には負けないけれど、

 これが報われるのはいつの日か( ;∀;)

 

 奈穂さん、お疲れさまでした!(^^♪

 

 完!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

柏原奈穂さん(ソプラノ)主演のオペラに行ってきます!

 ありがたいことに、本当にありがたいことに、私には友人がいて、その方々と関りがあるというだけで、生活に張りが出るのです。励ましてくださった方、直接励ましてはいないけれど心配してくださった方、「大竹氏って泣きごとばっかじゃん」と思っていても口出ししなかった方も含め、すべての方々に「ありがとう」の言葉を述べたいです。

 

 今日は3連休の最後ですが、これから都内の中目黒へ行ってきます。最寄り駅は中目黒だけど、住所は渋谷区になるのかしら?えーと、ホールの名前なんだっけ、忘れちゃったけど、友人の柏原奈穂さんが主演を務めるオペラ、ドニゼッティ「愛の妙薬」を観に行きます。オペラといっても、フルオーケストラがジャーン!とやるものじゃなくて、ピアノ伴奏とソリストの5名?のみ?でやる、小ホール向きの規模で演奏されるようです。

 

M1650016.JPG

 

 ちなみに、

 ↑左の、花束を持ってる方が柏原奈穂さんです。

 右が妹の柏原美緒さんで、真ん中がアタマお花畑の人( ;∀;)

 今日もカメラを持って行きます。写真とれるといいな〜!

 

M1700033.JPG

 

 ↑おまけ。

 我が家のワンコが先週に10歳の節目をむかえました!

 これからも元気で長生きしてね(^^♪

 私の悩みを黙って聞いてくれる最大のお友達です(ノД`)・゜・。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

12345>|next>>
pagetop