September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

長三和音と増三和音の予備練習(バスティン・大人のピアノ教本 BOOK2より)



まぁ、予備練習ですよ予備練習。

ついに、ぽけっと先生が貴族に御成りあそばした。
新しいレッスン室! 広い! グランドピアノ2台!
オスカルだって自部屋に1台しかピアノなかったですよ!
ということは「ぽけっと先生>オスカル」という図式になる!(バーンッ!)
もうすぐポリニャック夫人になる予定だそうです( ;∀;)


へんてこりんタイトルの続き。

へんてこりんタイトル、もしかしたら皆さんの中で、
ベートーヴェンの「無くした小銭への怒り」を思いついた方もいらっしゃるかも。
でも、あれは彼自身が名付けたわけじゃないんですよね。
「俺の尻をなめろ」と「犬のためのぶよぶよした前奏曲」は、
間違いなく作曲者自身のものです。
サティはタイトルが面白いですよね。「干からびた胎児」とか(笑)

続く!

comments

小銭ww 前、聴いたことあります!
最初「え?これがベトベン??・・・なんかモーツァルトっぽいw」と思った記憶がw でも暗くなるとこの感じはやっぱりベトベン先生かなとw

サティはジムノペディぐらいしか知りませんが、干からびたって、、若干狂気すらw

ヤバいタイトルってあるもんなんですねえw

  • くだダイナ
  • 2016/04/23 7:12 PM

>くだダイナさま

https://www.youtube.com/watch?v=gJPARDxd7qg

これですよね。
これは作曲者の死後に出版されたもので、
確か別の誰かが補筆したんだったと思います。
モーツァルトっぽいですが、ベートーヴェンらしさもあって面白い曲ですね(^◇^)

サティは色々タイトルが面白いですよ。
「アーモンドチョコレートのロマンス」とか、「ヴェクサシオン(嫌がらせ)」とかw

でも、タイトルにはあまり意味がないんですよw
「なにこれ変わったタイトル面白そう〜」
くらいに取ってくだされば、そこがサティの望むところだったのだと思います!

ですです!それそれ!
缶コーヒーでしたねw なんかもう自分の中では自販機の前で屈みこんで必死なベトベン先生の映像がついてましたw

>でも、タイトルにはあまり意味がないんですよw

なんとっ!? サティさん、あの時代から釣り名人だったとは・・・w よ〜し今度釣られてみます!ww

あ、あと、『大人バスティン』は増三和音とか出てくるんですね!?いいな〜

ベーシックスでもそういうaugとかdimとかsusとか出てくるのか・・・運指とかめっちゃ気になるんですけど、残る4巻では果たして・・・気になりますw

  • くだダイナ
  • 2016/04/26 12:46 AM

>くだダイナさま

ベートーヴェンって実はコーヒーマニアなんですよね。
わざわざ動画でコーヒーを買おうとさせるのは、
ベートーヴェンに対するリスペクトでしょうか。

http://www.oishicoffee.com/ohter/beethoven_ohter.html

このページを参照なさってください。
新たなベートーヴェンを知ることができると思います(^^♪

バスティン、「大人BOOK2」はもうすぐ終わります。
長かった・・・(´;ω;`)ウゥゥ

おぉぉーーそうだったんだ〜

バッハのコーヒーカンタータは聴いたことありましたが、ベートーヴェンもコーヒーマニアだったんですか!
きっちり60粒数えるとこがまた、さすがって感じですねw

またまた勉強になりました!ほんといつもありがとうございます!!

  • くだダイナ
  • 2016/04/28 1:04 AM

いえいえ、勉強になったとのことで、私も嬉しいです(^^♪

これからも共に学んでいきましょうね!

   
pagetop